スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |

『指輪物語』(J.R.R.トールキン)

文庫 新版 指輪物語 全10巻セット (評論社文庫)
J.R.R. トールキン 評論社 売り上げランキング: 13593

The Lord of the Rings (LOTR), 1937-1949.

J.R.R.トールキン

J.R.R.トールキン(John Ronald Reuel Tolkien, 1892-1973)は、オックスフォード大学の英文学教授。家系としてはドイツ職人の家系らしい。『ナルニア国ものがたり』の作者であるC.S.ルイスとの親交でも知られるが、なによりも本作『指輪物語』の作者として知られる。

トールキンの構想としては、言語学・文献学の知見に基づいたイギリス神話の創生だそうだ。指輪物語の舞台は、彼の構想する架空の歴史の一部であり、ヨーロッパのはるか昔が舞台となっている。

新版と旧版

本作はファンタジーのエポック・メイキング、ハイ・ファンタジーの白眉。執筆は、『ホビットの冒険』(The Hobbit, 1937)上梓直後から始められたらしいが、第二次世界大戦をはさんで、初版本は、1954年から1955年までに三冊本として出版されたとのこと。これに先立つ1951年には、指輪物語とつじつまが合うように『ホビットの冒険』も改訂されたらしい。本作を皮切りに、ナルニア国物語、ゲド戦記などが紡がれた。

全訳本では、評論社から三部作が上下巻に分冊されたセットとして販売されていた。高校生の頃に購入して読んだのだが、今回購入したのは改訂訳の新版10巻セット。三部作構成は変わらないが、上1、上2、など、旧版から更に分冊され、訳文が読みやすく改められている。手元に旧版がないので比べられないが、印象としては、活字ポイントが小さく写植がつぶれていた旧版に比べて格段に読みやすかった。

原作の分割では次の通りで、初版では3冊の各々に2部ずつ収録されていたらしい。

  • 第1部「影の帰還」 The Return of the Shadow
  • 第2部「指輪の仲間」 The Fellowship of the Ring
  • 第3部「アイゼンガルドの反逆」 The Treason of Isengard
  • 第4部「モルドールへの旅」 The Journey to Mordor
  • 第5部「指輪戦争」The War of the Ring
  • 第6部「王の帰還」 The Return of the King

評論社から出版された、児童文学家の瀬田貞二訳および、その弟子にして初版共訳者の田中明子による改訂訳は、何れも三部構成となっており次の通り。

  • 旅の仲間(The Fellowship of the Ring (FOTR), 1954)
  • 二つの塔(The Two Towers (TTT), 1954)
  • 王の帰還(The Return of the King (ROTK), 1955)

新版が良いのは、読みやすさの他に、カバーを外した文庫本の表紙。元となった「西境の赤表紙本」と同じく赤い表紙で、中央にトールキンのモノグラムが印刷されている。

あらすじ

物語は、ホビットであるビルボ・バギンズ(Bilbo Baggins)の、往きて帰りし物語である『ホビットの冒険』後から始まる。舞台は中つ国(Middle-earth)、主人公はビルボの甥であるフロド・バギンズ(Frodo Baggins)。

他に、同じくホビットであるサム、ピピン(ペレグリン・トゥック)、メリー(メリアドク・ブランディバック)。特に、バギンズ家の庭師として随行したサムワイズ・ギャムジー(Samwise Gamgee)は、フロドの半身として最後まで指輪の旅を共にする。ホビット以外では、賢人団(イスタリ(Istari))の一人である魔法使いガンダルフ(Gandalf)、またの名をミスランディア(Mithrandir)、ドワーフのギムリ(Gimli)にエルフのレゴラス(Legolas)、人間の馳夫(Strider)ことアラゴルン二世(Aragorn II)。あと、アラゴルンが失われた王家の末裔であることを知らぬ、王不在の王都ミナス・ティリス(Minas Tirith)の執政家の長男ボロミア2世(Boromir II)。

ホビット庄(Shire)でフロドが、老齢となったビルボから金の指輪を受け継ぐところから始まる。実はその指輪は、指輪の王(Lord of the Rings)ことモルドールの冥王(Dark Lord of Mordor)であるサウロン(Sauron)の力が封じ込められたもので、他の偉大な指輪たちを支配する力の指輪だった。

再び台頭してきたサウロンの影が強まる暗い時代に、フロドがサウロンの目を恐れて指輪を携え、滅びの山(Amon Amarth)ことオロドルイン(Orodruin)で指輪を消滅させることを使命として出発し、旅の途中で上記の指輪の仲間と出会い、長い旅を共にしつつ、やがて離散するまでが、第一部である「旅の仲間」のあらすじとなる。

舞台の歴史

この物語の背景は数万年に及ぶ。

まず、最高神であるイルヴァタールがこの世界であるエアを創造する。エアのなかに地球であるアルダ(Arda)が作られ、アルダを管理するためにイルヴァタールの僕であるアイヌアの中でも力あるものが遣わされ、彼らはヴァラールと呼ばれる。エルフと人間を作ったのはイルヴァタールだが、例外的にドワーフはヴァラールの一人であるアウレにより創造されたという。

ところが、ヴァラールの中で最も力強き者であったメルコール(Melkor)は堕落してモルゴス(Morgoth)となり、遂にはエアレンディルとその妻エルウィングが組織したエルフと人間の同盟軍に滅ぼされて第一期が終わる。

第二期は、モルゴスの第一の下僕であったサウロン(Sauron)が台頭し、ギル=ガラドとエレンディルの同盟軍に肉体を滅ぼされて終わる。

第三期の終わりが指輪物語の時代となる。指輪物語は、肉体を滅ぼされたサウロンが、再び力をつけて西方の自由な民を脅かし始めたところから始まり、フロドによる指輪消滅の使命達成によって、サウロンが最終的に滅び去り、第三期が終わる。このとき、指輪の仲間であり、ヌーメノールの失われていた王家の末裔であるアラゴルンが、テルコンタール(Telcontar)王朝の初代上級王である「エルフの石」ことエレスサール(Elessar)王として戴冠し、人間以外の種族が消え去っていき、人間が支配する世界となるのが第四期となる。

現代は、この時代区分でいうと、第六紀の終わりから第七紀の始まりに当たるらしい。

感想

というわけで、諸々の設定が壮大で奥深く緻密なため、分からないことも多い。こういうところが伝説的作品となる要素なんだろう。物語の中の対称性や象徴を読み解く試みも多くあろう。

指輪物語で気になるのは、優生学的でレイシストなところ。もちろん、ヘブライ系神話も入っている。白い肌で金髪なのが上等の表現としてよく使われる。 まあ、昔のイギリスのインテリだからなとか、ファンタジーだから悪しきものは生まれついて悪しきもので、よきものは生まれからして高貴なものでということかなというくらいにしか思わんけども、欧米とかではどう思われるんだろう。

改訂訳の10巻セットの10巻目は、追補篇に充てられており、舞台となった中つ国の歴史と言語について説明されている。これを読むと、改めて読み直したくなってしまう。『指輪物語完全ガイド』というものもあるのでいいかもしれない。

あと、お子さんがいらっしゃる方には、ハードカバー版があるようなので、そちらを買い与えていただくのがよろしかろうと思う。

| 読書 | comments(0) | trackbacks(0) |

『ゲド戦記』(アーシュラ・K. ル=グウィン)

ゲド戦記(6点6冊セット) (岩波少年文庫)
アーシュラ・K. ル=グウィン
岩波書店
売り上げランキング: 39988

The Earthsea Cycle, 1968-2001.

アーシュラ・K. ル=グウィン

西の良い魔女こと、ル=グウィン(Ursula Kroeber Le Guin)のファンタジー・シリーズ。全六冊。

彼女は、ハイニッシュ・ユニバースを舞台としたSF作家として名高い。文化人類学・文化相対主義的価値観に基づいた緻密な世界観はSFの良心と云ってよい。本シリーズの舞台となるアースシーのシリーズは、ハイニッシュ・ユニバースものと並んで彼女の代表作となっている。彼女はまた、猫好きとも知られ、『空飛び猫』シリーズ(The Catwings Collection, 1988-)を村上春樹が翻訳して一時期話題となった。

経緯

一巻目の『影との戦い』のみ、岩波同時代ライブラリーに収録されている。

昔、河合隼雄さんの『影の現象学』で言及されていたのを切っ掛けに岩波同時代ライブラリー版を手に取り、非常に面白かったのだが、当時は、後続の巻が文庫・ソフトカバー版で出てなかったので、シリーズを通しては読んでいなかった。

というわけで、前から気になっていたものを、岩波少年文庫に全巻収録されてるのをボックスで購入して一気読み。

前期三部作が発表された後、シリーズは完結したかに思われていたが、寄せられる読者からの期待に応える形でポツポツと発表されたらしい(4巻目となる『帰還』(1990)が発表されたのは、前期三部作の最後となる『さいはての島』(1971)から18年後。それから再び筆を執るのは、そのまた7, 8年後だったと云う)。

舞台

シリーズを通して、舞台となるのは、魔法使いと竜の住む他島地域を中心としたアースシー。主人公はハイタカ(Sparrowhawk)ことゲド。

「ゲド」は天地創造の言葉でつけられた真の名。「ハイタカ」は産まれた時に親からつけられる通名。

この世界では、竜の言葉でもある天地創造の言葉(もしくは太古の言葉)により魔法が発動し、真の名前は元服の儀式の際、まじない師、あるいは正式な魔法使いから、おのずと天地創造の言葉で見出されて本人にのみ伝えられる。天地創造の言葉は語られれば現実となり、神聖文字で綴られれば力を持つ。真の名を伝えることは魂を委ねることになる。真の名は、魔法使いから力づくで明かされてしまう以外では、生前は最も親密な者にしか明かされない(一方で、死後は真の名が明かされ、真の名で言及される)。

この世界では、ハード語が話される多島海(アーキペラゴ)に褐色か赤褐色の肌の人種が住まい、北方の辺境カルガド帝国に白人が住んでいる。白人たちはアーキペラゴのハード語圏の住人からすると、未開で野蛮な種族で、境界地帯では古くから紛争が絶えない。

魔法使いたちは、太古の言葉で魔法を行使する一方で、魔法は宇宙の均衡を崩す恐れがあるものとしてみだりに使わない。そのため、派手な魔法戦があったりはしない。それは彼女のSFが派手なスペース・オペラではないのと同様に好ましい(ハミルトンのキャプテン・フューチャー・シリーズとかも面白いけど)。

シリーズ

ゲドは少年期に故郷ゴント島で羊飼いであったころに、村のまじない師に力を見いだされ、太古の言葉を教え魔法使いを養成する学院があるロークに渡り魔法使いとなる。本シリーズでは、前半三部作で、ゲドの少年期、青年期、壮年期に起こったイベントが語られる。後半はその後始末・世界観を詳細化するものとしてとして、ゲドは老人となりちょい役で登場する。

  1. 影との戦い(A Wizard of Earthsea, 1968)
  2. こわれた腕輪(The Tombs of Atuan, 1971)
  3. さいはての島へ(The Farthest Shore. 1972)
  4. 帰還(Tehanu: The Last Book of Earthsea, 1990)
  5. ドラゴンフライ(Tales from Earthsea, 2001. 短編集)
  6. アースシーの風(The Other Wind, 2001)

感想

前半三作品は素朴なファンタジー世界を背景に、神話的・心理的主題が象徴的に語られる。素朴で分かりやすい世界と物語に、主題が強く浮き上がり、ファンタジーの傑作。

後期の三冊(うち、一冊は短編集)は、前期三部先で児童書として素朴に作られた世界設定を、SF的・合理的に説明付る試みに見える。そのために、合理的・現実的な説明がなされる一方で、前期三部作に比べて矮小化され、物語の圧力・深度は弱まっていると思う。ただ、問題設定は、前期三部作の神話的・根源的なものに比べて表層的になる一方で現実的なものともなっており、シリーズ全体を通して、彼女の代表作と云って良い出来栄えだと思う。後期三冊は児童書ではない。

『影との戦い』に先行する短編もあるらしいのだが未読。でも、基本的には原作全巻読了したため、駄作の呼び声高いジブリの『ゲド戦記』も観てみた(2012/01/28)。評判どおりなかなかひどかった。

| 読書 | comments(0) | trackbacks(0) |

『ジョーカー・ゲーム』(柳 広司)

ジョーカー・ゲーム (角川文庫)
柳 広司 角川書店(角川グループパブリッシング) (2011-06-23)売り上げランキング: 5358

第二次世界大戦直前の日本を舞台にしたスパイ小説。陸軍中野学校をモデルにしているらしい。

魔王とも称される伝説的スパイ、結城中佐が陸軍内にD機関を設立するところから始まり、D機関が関与する防諜事件が短編として収録されている。続編として『ダブル・ジョーカー』がある。魔王は若かりしとき、現役スパイであった頃は魔術師と呼ばれていたらしい。

カジュアルで読みやすい文体で面白かった。

コミカライズもされているらしい。

Dの魔王 1 (ビッグコミックス)
| 読書 | comments(0) | trackbacks(0) |

『月天子』(宮澤 賢治)

私はこどものときから
いろいろな雑誌や新聞で
幾つもの月の写真を見た
その表面はでこぼこの火口で覆はれ
またそこに日が射してゐるのもはっきり見た
后そこが大へんつめたいこと
空気のないことなども習った
また私は三度かそれの蝕を見た
地球の影がそこに映って
滑り去るのをはっきり見た
次にはそれがたぶんは地球をはなれたもので
最后に稲作の気候のことで知り合ひになった
盛岡測候所の私の友だちは
──ミリ径の小さな望遠鏡で
その天体を見せてくれた
亦その軌道や運転が
簡単な公式に従ふことを教へてくれた
しかもおゝ
わたくしがその天体を月天子と称しうやまふことに
遂に何等の障りもない
もしそれ人とは人のからだのことであると
さういふならば誤りであるやうに
さりとて人は
からだと心であるといふならば
これも誤りであるやうに
さりとて人は心であるといふならば
また誤りであるやうに
 
 
しかればわたくしが月を月天子と称するとも
これは単なる擬人でない
| 読書 | comments(0) | trackbacks(0) |

「ハーモニー」(伊藤 計劃)

ハーモニー (ハヤカワ文庫JA)
伊藤 計劃
早川書房
売り上げランキング: 1255

遅まきながら読了。

虐殺器官』と連続する世界が舞台。

前作同様感情を抑えた筆致ながら、前作の主人公クラヴィス・シェパードに比べると、本作の主人公はかなりハードボイルド。作品の完成度は、『虐殺器官』の方がだいぶ上だと思う。

著者が楽しんだであろう元ネタのパロディが、作りこみの甘さを感じさせて悲しい気がした。

月並みな感想だけど、惜しい人を亡くした。

| 読書 | comments(0) | trackbacks(0) |

「・・・・・絶句」(上・下)(新井 素子)

…絶句〈上〉 (ハヤカワ文庫JA) …絶句〈下〉 (ハヤカワ文庫JA)
新井 素子
早川書房
売り上げランキング: 161253

初出は1987年だったらしい。2010年に新装再刊になった文庫本を購入。

初出の頃は11歳だから当然の如く読んではいなかったのだけど、当時の空気を思い出す。稚拙さもそうだし文体もそうだ。

本書には色々なエッセンスが詰まっている。一人称の文体、著者の感情、成熟すること。成熟しつつある人の若気の至りが感じよい。

何でこの本が再刊されたんだろうと思うが、最近新刊が出たので、その流れなのかな。

もいちどあなたにあいたいな
新井 素子
新潮社
売り上げランキング: 124350
| 読書 | comments(0) | trackbacks(0) |

「ひとめあなたに・・・」(新井 素子)

ひとめあなたに… (創元SF文庫)
新井 素子
東京創元社
売り上げランキング: 123156

借り物。

地球の終わりものSF。

時代は現代(書かれたのは1981年)、主人公は女子大生の圭子。恋人の朗に別れを告げられた翌日に、巨大な隕石が一週間後に地球に衝突して誰も助からないというニュースに触れ、練馬から鎌倉の朗の元に徒歩で会いに行こうとする。その過程で出会った何人かの人々のエピソードが短編的に挿入される。

物語る視点は、主人公の圭子と、各々のエピソードの主人公。各々のエピソードに反感や共感を覚えるが、誰もがみんないつか死ぬという点で普遍的。エピソードはどれも極めて個人的なもので、自分はどうするだろうと思ってしまう。遅かれ早かれ、誰もがみんないつか死ぬのだから、自分のことでもあるのだけど。

読み始めたときは、文体が口語的(だから古臭い)でどうかと思ったが、読み進めるうちに無理なく読めるようになった。

あと、文庫本の解説は東浩紀。彼曰く、彼女は世界系の嚆矢らしい。昔から気になっていた作家なので、もうちょっと読んでみようと思う。

| 読書 | comments(0) | trackbacks(0) |

「所有せざる人々」(アーシュラ・K・ル=グウィン)

所有せざる人々 (ハヤカワ文庫SF)
アーシュラ・K・ル・グィン
早川書房
売り上げランキング: 137241

The Dispossessed: An Ambiguous Utopia, 1974.

西の良い魔女(The Good Witch of the West)ことアーシュラ・K・ル=グイン(Ursula Kroeber Le Guin)のSF長編。ヒューゴー賞(1975)、ネビュラ賞(1974)、ローカス賞(1975)のトリプル・クラウン。

舞台はくじら座タウ星(Tau Ceti)の二重惑星、ウラス(Urras)とアナレス(Anarres)。ウラスは我々の世界に似通った西洋資本主義的社会で、アナレスはウラスで搾取された人々が渡って開拓した原始共産制の社会。水が少なく貧しいアナレスでは政府が存在せず、相互扶助を前提としたアナーキストであることが良しとされる。社会は、自発的に立ち上げられたコミュニティを中心として、各個人が自由な良心に基づき参画することで運営されている。

物語の立て付けとしては単純。ウラスに亡命したアナレスの天才物理学者シェヴェック(Shevek)を通して、我々の社会のイドラと陥穽を詳らかにする。

シュヴェックがアナレスで亡命にいたる時間軸と、ウラスに到着して天才物理学者として丁重に扱われるチャプターが交互に続く。権威主義、資本主義、男性中心主義が批判されるが一面的ではなく、登場人物の人物造形が肉厚で、読後感は非常にこってり。時代を感じさせるが、濃厚で面白い本だと思う。

訳文が非常に硬い。特に会話文で顕著。異文化交流ものなので、翻訳文体でもあまり違和感は無いが。

ちなみに、本書はハイン人が種を蒔いたハイニッシュ・ユニバースの未来史(Hainish Cycle)では、長編として最も早い時代に位置づけられる(参考)。

Timeline

Writing for Science Fiction Studies in March 1975, Ian Watson proposed the following chronology for the first six novels.

| 読書 | comments(0) | trackbacks(1) |

『巷説百物語』(京極 夏彦)

巷説百物語 (角川文庫)
京極 夏彦
角川書店
売り上げランキング: 25965

嗤う伊右衛門』(1997)で狂言回しだった、御行の又市のスピンアウト短編集。季刊妖怪マガジン『怪』の連載作品(1999-)で、その後シリーズ化しているらしい。

必殺仕掛人よろしく、御行の又市一党が、江戸の悪人を、古今東西の怪異にかこつけた仕掛けに嵌めて成敗していく。

肩の凝らない軽い読み物。なんだけど、京極のこってりした擬古文体はやっぱり読んでいて疲れる。短編だから読後の達成感もあまりないし。

読んでて面白いことは面白い。推理小説に期待するところの「なるほど」感もそれなりにある。ただ、謎解きにはあまり重きが置かれていないしドラマも短編なので、読後感は薄味で平凡。娯楽小説としては上手いし面白いと思う。この辺は好き好きだと思うので、怪異・怪談好きならばどうぞ、という感じ。

| 読書 | comments(0) | trackbacks(0) |

「日の名残り」(カズオ イシグロ)

日の名残り (ハヤカワepi文庫)
カズオ イシグロ
早川書房
売り上げランキング: 7140

The Remains of the Day, 1989.

わたしを離さないで』が面白かったので読む。クリスティの『春にして君を離れ』(1945)的な心理サスペンス。

これも面白かった。『わたしを離さないで』(2005)は、SF的な要素がプロットのベースとなっていたのに対して、本作は20世紀英国の執事を主人公としている。舞台装置は大きく異なるが、心理サスペンスとしての作りには相通じるものがある。登場人物のメンタル構造を作り込んでからドラマに流し込んで描写するような感じ。

主人公はダーリントンホールというお屋敷の執事スティーブンス。主人が米国に旅立ち不在の期間に休暇をもらい、かつて女中頭だったミス・ケントに会いに英国内を6日間に渡って旅する。全編、スティーブンスの独白で語られる。

最初のうちは、「品格」について内省し自己洞察する彼の独白のうちに、謹厳で有能な執事像が浮かび上がってくるが、旅が進むうちにだんだん様子がおかしくなってくる。彼の心理状態は自己韜晦とも云うべきもので、ミス・ケントと会う5日目をもって、心理的には破綻する。Wikipediaのあらすじはさわやかな感じで、あらすじとしては大きく間違っちゃいないのだが、決定的に間違っている。

彼の自己韜晦と自己簒奪はグロテスクで恐るべきものだが、それでも分別という点で立派だとも思う。歳が行ってから読んだ方がおもしろい(恐ろしい)と思う。おもしろかった。

| 読書 | comments(1) | trackbacks(0) |
CALENDAR
Sun M T W T F Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
WATCH
SEARCH THIS BLOG
LATEST ENTRIES
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
Twitter
MY WEB SITES
PROFILE
ADMIN
MOBILE
qrcode
ARCHIVES
SPONSORED LINKS