<< ITシステムの基盤更改への取り組みについて | main | ITシステムにおけるアーキテクチャについて >>

ITシステムにおけるツールの利用について

システム構築・維持保守では、様々なツールが使われる。ツールを適用する目的は、品質と効率の向上だろう。

例えば、アプリのリグレッションテストや負荷試験は、何度も繰り返し実施されることながら、人手でなんとかしようとすると、莫大なコストと期間がかかるため、ツール適用の効果が大きい。 そのため、かなり初期からツール適用が進んでおり、継続的インテグレーションやDevOpsの名の下に、デプロイメントパイプラインを設けて一気通貫の自動化を進め、アプリだけでなく、インフラの設定・構築も、その仕組みに乗せて管理しようという方針が進んでいる。

この辺りにツール適用して効果を高めるためには、テスト環境準備(アプリデプロイ、データ準備)、テスト実施、結果評価の、一連のプロセスを自動化することが重要なのであり、利用を始めてからPDCAサイクルを回して使いこなしていく過程が重要となるのだが、そもそも、ツールに対する取り組み姿勢が大前提になる。

ツール適用に当たっての議題は、当該ツールの機能もさることながら、どう使うかが大半だ。

企業の規模、システム部の規模が大きくなればなるほど、参画人数が多く、マルチベンダーの体制になる。

規模が小さい場合は、まず、ツールを適用するところから始めれば良いが、規模が大きくなればなるほど、やがて、効果が上がらなくなる。

初期には、ツールのライセンスをプールし、当該ツールを実行するための常設基盤を提供して、複数チームで共有する体制を設けることから始めれば良いが、やがて使いこなせず、期待した費用対効果が得られないという課題が明確になる。

次のステップとしては、以下の責務を持つチームを、内製化体制として設けることが望ましい。

  • 当該ツールを使いこなすためのガイドやアセットをメンテナンスして利用チームに対して技術支援する
  • 利用実績を踏まえてガイドやアセットをブラッシュアップしていく
  • 有効に活用されているかどうかを評価して、活用度が低い場合には、有効に活用してもらうための追加の取り組みを検討して実施する

逆に言えば、そういう体制やプロセスを設けずに、複数のチームで共有できるライセンスプールとランタイム環境を提供するだけでは、ツール適用の効果である、品質と効率の向上は期待できない。

| 日記 | comments(0) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

| - | - | - |
コメント



この記事のトラックバックURL
http://msugai.jugem.jp/trackback/1079
トラックバック
CALENDAR
Sun M T W T F Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
WATCH
SEARCH THIS BLOG
LATEST ENTRIES
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
Twitter
MY WEB SITES
PROFILE
ADMIN
MOBILE
qrcode
ARCHIVES
SPONSORED LINKS