<< ピーマンのジャコ炒め | main | カトルカール >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |

アーリオ・オーリオ・ペペロンチーノ

パスタ好き。

西千葉に住んでた頃、ラ・バンビーナってラザニア屋があって通った。
板状のパスタとホワイトソースとしそ/大葉が重ねてあって、何種類かあったけど、とても美味かった。

スパゲッティも好き。

にんにく一欠けら(アーリオ)、オリーブオイル(オーリオ)、鷹の爪二本(ペペロンチーノ)。好みでベーコン。

寸胴鍋でお湯を沸かす。

フライパンにオリーブオイルを引いて、にんにくとベーコンを投入。
にんにくは輪切り状のスライス。
本当はベーコンは入れないらしいけど、肉好きなので、ブロックベーコンを5mmくらいにスライスして、5mm×5mmの直方体になる感じで切って入れてる。

沸いたお湯にパスタ投入。

にんにくが茶色くなったくらいで、鷹の爪投入。指でちぎるかはさみで輪切りにするか。種も入れてるけど、種は棄てた方がいいとも聞く。なんでだろう。
鷹の爪は余熱でいいらしいけど、オリーブオイルとベーコン油で揚げてみる感じで火を通している。

鷹の爪の後で、ピーマン、エリンギ、えのき、きゃべつのどれかを入れることもある。ここら辺を入れるときは、塩、胡椒する。
もう、ペペロンチーノじゃないw
ピーマン入れてると、チンジャオロースー作ってる気分になる。豚だけど。

フライパンに茹でてるパスタのお湯を5mm強くらい投入して沸かす。

パスタが茹だるまでフライパンの火を付けっぱなしにして、具が和えられているくらいまで水気を飛ばす。
硬めに茹だったら、フライパンの火を着けて、ざるでパスタのお湯を軽く切ってフライパンに投入。

塩、胡椒して、水気がだいたいなくなるまでフライパンであえて完成。
(お湯を切りすぎて固まっちゃうようならオリーブオイル投入)

これも、火が通ってればなんでも食えるようになる系。辛い。
辛いもの好きなので、辛ければ食える。

本当はトマト系が好きなんだけど、むずかしそうなので、これしか作らない。

トマト+生クリームで、ベーコン、にんにく、鷹の爪とかでも同じような感じで作れるかも。
貝やイカなんかのシーフードでもいいな。
シーフードにするならオリーブが欲しい。
トマト系だから鷹の爪はホールで入れたい。
今度やってみよう。
| 料理 | comments(2) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

| - | - | - |
コメント
鷹の爪の種、
種は辛いため普段は取り除いていますよ。
| NK | 2007/11/13 12:38 AM |
NKさん、コメントありがとうございます。

種が辛いのか。辛いの好きなんだけど、今度、種を捨ててみます。

パスタはお好きなんですか?
おいしいパスタのレシピがあったら教えてください。

コメント、ありがとうございました。
| msugai | 2007/11/13 12:52 AM |



この記事のトラックバックURL
http://msugai.jugem.jp/trackback/439
トラックバック
CALENDAR
Sun M T W T F Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
WATCH
SEARCH THIS BLOG
LATEST ENTRIES
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
Twitter
MY WEB SITES
PROFILE
ADMIN
MOBILE
qrcode
ARCHIVES
SPONSORED LINKS