<< 新型インフルエンザ国内感染 | main | 『渚にて【新版】 人類最後の日』(ネヴィル・シュート) >>

春山九州男 / 福岡3児死亡事故

泥酔してクラウンマジェスタを運転して、
 ・ランクルプラドに追突
 ・追突したランクルが海に転落
 ・逃亡を試みたが、車が大破していて断念
 ・身代わり運転を頼む、水を大量に飲むなど隠ぺい工作
結果、長男紘彬(ひろあき)ちゃん=当時(4つ)、次男倫彬(ともあき)ちゃん=同(3つ)、長女紗彬(さあや)ちゃん=同(1つ)=が水死したという件。

福岡地裁で川口宰護裁判長が業務上過失致死傷罪を適用して懲役7年6月の量刑を言い渡したのに対して、検察、弁護側双方が控訴していたものが、福岡高裁で陶山博生裁判長が危険運転罪を適用し懲役20年を言い渡したらしい。

http://mainichi.jp/select/jiken/news/20090516ddm012040100000c.html

事象だけ見れば、身代わりの電話はできても、救急車は呼べないのかとか、直感的には危険運転罪で25年でよいような気がするのだけど、法曹界では懲役20年は重過ぎるという意見が多いらしい。危険運転罪でも80%の20年が言い渡された理由というか、被害者過失2割の理由があるんだろうが、それも分からない。何事にも業界とか常識というものはあるものだなぁ。

地方裁判所で7年6ヶ月に対して、検察も控訴していたものの、弁護士からも重すぎるとして控訴されていたそうだ。その結果、重くなってるわけだが、そういうものなんだろうか。弁護士稼業は難しそうだ。

今林大被告(24)について考えるのであれば、重大過失を犯したときに、パニック症状を呈して逃げたくなるのは、人情的には分かる。福岡市職員今林大被告(24)は、公務員なのであれば、それなりに真面目であったのであろうに、大変気の毒な感じがする。懲役10年でも20年でも、ある種の可能性は閉ざされたわけだから。どういう量刑が妥当なのか分からない。個人的には、死刑か無期懲役にしてあげるのが親切であるような気もする。

なんであれ、一番気の毒なのは、3人の子供が亡くなったことだ。
| 日記 | comments(1) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

| - | - | - |
コメント
今林にマジェスタもったいない。
| 名無し権兵衛さん | 2015/06/28 11:35 PM |



この記事のトラックバックURL
http://msugai.jugem.jp/trackback/724
トラックバック
CALENDAR
Sun M T W T F Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
WATCH
SEARCH THIS BLOG
LATEST ENTRIES
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
Twitter
MY WEB SITES
PROFILE
ADMIN
MOBILE
qrcode
ARCHIVES
SPONSORED LINKS