<< 『なぜ宇宙人は地球に来ない?』(松尾 貴史)(BlogPet) | main | 平井堅 & 草野マサムネ - わかれうた(中島みゆき) >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |

殺人ホメオパシー

人を殺す疑似科学ということで、ホメオパシー(同種療法)などの代替医療は筆頭に挙げられていたが、2010年5月に、ビタミンK欠乏で新生児が亡くなった事件で、注目を浴びるようになったと思う。

この事件では、助産師によりビタミンK2の代わりにレメディを投与されていた生後2か月の女児が、ビタミンK欠乏性出血症で死亡し、母親が助産師を提訴している。この助産師が所属していた日本ホメオパシー医学協会(JPHMA)は、株式会社ホメオパシージャパン、ホメオパシー出版株式会社と実体は同じもので、日本ホメオパシー財団を名乗っている(実際は財団法人ではないらしい)。参照:ホメオパシー団体とその他の関係団体 相関図

その後、もろもろの事件も明るみに出ており、朝日新聞が詳しい記事を公開していたりもするのだけれども、巷間に膾炙されるには至っていない気もする。

なお、長野剛氏の記者ブログ「ホメオパシーを巡る問題」はシリーズ化して継続的にこの話題をフォローしており、良い試みだと思う。

自然出産やホメオパシーは、何もしないということを意味する。確かに、信じることでメンタルに良い効果を及ぼすかもしれない。その結果、フィジカルにも良い効果を及ぼすかもしれないが、これは放っておいても治るものにしか効かない。

つまり、感染症や悪性腫瘍に対しては、スピリチュアルなどと同じくプラセボ効果しか期待できないものなので、現代医療を受ければ治るかもしれない命が助からなくても已む得ない、何れにしても自然に任せるのが良いという考え方なのだろうと思う。無為自然を尊ぶ思想は昔からある。

だから、それで亡くなるのが未成年者でなければ、医療を拒否するのも考え方の一つとして自己責任だと思うし、よしんば騙されたのだとしても、その境界は曖昧で、しょうがないことだとも思う。というのも、ホメオパシーやらスピリチュアルやらが「効く」と思ってしまうのは、常識をかなり逸脱した考え方で、カルト宗教にはまるのと同じことだと思うから。

とはいえ、善意の第三者が騙されて死に至っているのは悲惨なことで、一義的には騙す方が悪い。効くと信じてしまうに至る事情も様々であろうし。

先日、東京多摩地区で発生した、2010年5月に43歳女性が悪性リンパ腫を放置して亡くなった事例ニュース記事)では、近親者が、「治療」に当たっていたホメオパス(ホメオパシー療法家)と、同ホメオパスが所属していた日本ホメオパシー医学協会(JPHMA)に対して公開質問状を出している。

この公開質問状には、亡くなった女性とホメオパスのメールのやり取りが載っている。Webの各所でも「読むのが辛い」と云う意見が多いが、実際、かなりショッキングで、読んでからずっと鬱々としている。非常に悲惨で、読まなきゃ良かったと思う。

無知により誤った選択をしたために、自らの体を致命的に損ない死に至った被害者と、致命的な無知と厚顔さで被害者を死に至らしめた加害者のメールのやりとり。加害者の厚顔無恥に憤りも覚えるが、これがミスだとしたら本当に恐ろしい。自分の無知と欺瞞で他人を死に陥れるわけで。何れの立場に立っても本当に悲惨だと思う。

ホメオパシーユーザーのほとんどは、アロマテラピーと同程度の認識のライトユーザーであり、医療に代わり得るものだとは思っていないのだと思うけど、治療だと思ってしまっているケースもあるようだし、ホメオパス側も、原理的に効くはずのない感染症や悪性腫瘍などに効くと公言し、症状の悪化を「好転反応」と言い繕って、現代医療を受ける機会を積極的に奪っている事実が明らかにされている。

こういうことを防ぐために医師法があり、国家資格となっているのだと思うが、医学だと名乗って治療に当たってるのは医師法違反じゃないのか。それとも、薬効がないものを与えているだけだから侵襲には当たらないんだろうか。

ここ5、6年ほど、ロハスやスローライフの一環として、ホメオパシーはきれいな印象を持って受け入れられていたのかもしれないが、こういう醜く悲惨な実態があることを思うと、「毒にも薬にもならないんだから放っておけばいい」という意見には与することができない。


挑発的な書き方をしたけれども、「なんでお前らこんなあからさまなウソに騙されて、あまつさえ死んじゃうわけ?」と思うと腹立たしいのだ。
| 日記 | comments(0) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

| - | - | - |
コメント



この記事のトラックバックURL
http://msugai.jugem.jp/trackback/925
トラックバック
CALENDAR
Sun M T W T F Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
WATCH
SEARCH THIS BLOG
LATEST ENTRIES
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
Twitter
MY WEB SITES
PROFILE
ADMIN
MOBILE
qrcode
ARCHIVES
SPONSORED LINKS