<< ゴッホ展@国立新美術館 | main | 「ル・コキヤージュ」(神楽坂) >>

「悪人」(出演: 妻夫木聡、深津絵里、樹木希林 監督: 李相日)

悪人とは誰だったのか。

殺人犯と、同行するヒロインの話。

殺人犯、被害者、ヒロイン、殺害された被害者の父・母、殺人犯の祖母、いとこ、母、被害者とちょっと絡んだ大学生、悪人とは誰なのか。

妻夫木聡(1980-)のダメ男加減は非常に良かった。
深津絵里(1973-)のヒロインは魅力的で、都合が良すぎていて、それも悪人で、妻夫木聡とのからみもすごく良かった。
バイプレーヤーの、岡田 将生と満島 ひかりの軽薄さもすごかったし、樹木 希林と柄本 明もベテランの貫禄。
音楽も良かったけど、久石 譲だったらしい。

第34回モントリオール世界映画祭最優秀女優賞を受賞したのも納得。この映画の彼女はすごく良い。

映画好きなら観て損はない。
観ていて辛くなるけど、良い映画だった。観てハッピーになれるわけではないけれども。

大事な人と観に行くと良いと思う。
友達と一緒に行くには重いかもしれない。

深津絵里が非常に良い映画で、タイトルに偽りなし。
| 動画 | comments(0) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

| - | - | - |
コメント



この記事のトラックバックURL
http://msugai.jugem.jp/trackback/938
トラックバック
CALENDAR
Sun M T W T F Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
WATCH
SEARCH THIS BLOG
LATEST ENTRIES
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
Twitter
MY WEB SITES
PROFILE
ADMIN
MOBILE
qrcode
ARCHIVES
SPONSORED LINKS