<< 固め(BlogPet) | main | 『時間封鎖(上・下)』(ロバート・チャールズ ウィルスン) >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |

『嗤う伊右衛門』(京極 夏彦)

嗤う伊右衛門 (角川文庫)
京極 夏彦 角川書店 売り上げランキング: 112601

京極夏彦による東海道四谷怪談の翻案。再読だけど十年ぶりくらい。泉鏡花賞受賞らしい。

小股潜りの又市を狂言回しに、苛烈な民屋岩と浮世離れした伊右衛門を中心とした怪異が語られる。

改行位置まで気が配られているこってりとした文体、怪異譚に見せかけつつミステリでもあるプロット。あと、魅力的な登場人物。いくつかの事件とそれにまつわるミステリの謎解き、クライマックスのたたみ方など、さすが京極という感じ。

クライマックス以降が力ずく過ぎる気もするし、中心となる謎の動機が希薄な気もする。とはいえ、京極の擬古文体で語られる岩と伊右衛門の物語は大変面白く読み応えがある。ただ、京極堂ものもそうなんだけど、読書体験としては濃厚なので、続けて別のものを読む気にはあまりならない。

でも、次は又市がらみで『巷説百物語』でも読んでみようかな。

| 読書 | comments(0) | trackbacks(1) |

スポンサーサイト

| - | - | - |
コメント



この記事のトラックバックURL
http://msugai.jugem.jp/trackback/968
トラックバック
『巷説百物語』(京極 夏彦)
巷説百物語 (角川文庫)posted with amazlet at 11.01.12京極 夏彦 角川書店 売り上げランキング: 25965Amazon.co.jp で詳細を見る 『嗤う伊右衛門』(1997)で狂言回しだった、御行の又市のスピンアウト短編集。季刊妖怪マガジン『怪』の連載作品(1999-)で、その後シ
| いずれの道にも | 2011/01/12 1:27 AM |
CALENDAR
Sun M T W T F Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
WATCH
SEARCH THIS BLOG
LATEST ENTRIES
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
Twitter
MY WEB SITES
PROFILE
ADMIN
MOBILE
qrcode
ARCHIVES
SPONSORED LINKS